~もりサンの四季彩観~

徒然に四季折々の彩りをレンズを通して切抜いてみると…

花の季節を前に、いつもの山で

豪雨一転、猛暑。今年、福岡では、平年に比べ10日も早く(7月9日)梅雨が明けた。
毎年7月の第1土曜日は、井原山の中腹で地元の人々に加わって登山道の整備や、歩道を覆う除草作業を行うボランティア活動に参加するようになって今年で10年になる。
今年は、歩道整備に加え、朽ちた丸木橋を補修しようと定例日を前に7月1日、間伐材を集め現場近くまで担ぎ上げた。今回はその続き。

f:id:mori-sun:20180716083957j:plain

f:id:mori-sun:20180716092543j:plain

f:id:mori-sun:20180716100146j:plain
西日本各地に大きな傷跡を残した梅雨末期の大雨、平成30年7月西日本豪雨により、井原山へ続く林道の其処此処でも土砂が崩れ、林道を塞いでいる。重機が入り、急ピッチで進む工事現場を横に見ながら資材を運び入れる。水無駐車場の傍らでは、オオキツネノカミソリが咲き始め、花の季節到来を告げている。流れに丸太を渡し、石を積んで土台を固め、橋を架ける。鋸を引き、釘を打つ作業も皆で手分けしながら手際よく進み、予定通りの作業を終えることができた。林道が復旧するまでには、まだ暫くかかりそうだf:id:mori-sun:20180716103707j:plain

f:id:mori-sun:20180716105151j:plain

f:id:mori-sun:20180716110649j:plain

f:id:mori-sun:20180716110909j:plain

博多祇園山笠

777年の歴史を誇るという博多祇園山笠。今日15日がフィナーレ。追い山だけは見たいものと早暁の博多部へ。地下鉄の臨時電車も始発から通勤電車並みの混みようで…

f:id:mori-sun:20180715044016j:plain

オイサ!オイサ!の掛け声とともに1番山が駆けてきのだが、TVカメラが…

f:id:mori-sun:20180715050151j:plain

f:id:mori-sun:20180715050540j:plain

f:id:mori-sun:20180715051026j:plain

f:id:mori-sun:20180715051307j:plain

f:id:mori-sun:20180715051453j:plain

f:id:mori-sun:20180715052051j:plain

f:id:mori-sun:20180715052536j:plain

f:id:mori-sun:20180715053030j:plain

f:id:mori-sun:20180715053458j:plain

f:id:mori-sun:20180715054528j:plain

ムカデラン

我家の狭い庭の片隅で今年もムカデランが咲いた。花径僅か0.3~0.5cmの小さな花だ。

f:id:mori-sun:20180709062555j:plain

f:id:mori-sun:20180709062530j:plain

ムカデランが咲きはじめた3年前頃から、何故か我が家のフウランが咲くことを止めた。多分咲いてますよ。見に行きませんかと誘われて行ってみた。

f:id:mori-sun:20180709131557j:plain

f:id:mori-sun:20180709132356j:plain

来年はもう少し早い時期に訪ねてみよう。

花の季節を前に、何時もの山で…

オオキツネノカミソリが林床一面黄に染める花の季節を前に登山道の草刈りをする、年に一度のボランティア活動に参加し始めて10年になる。今年は草刈りの前に傷んだ橋を架けかえる力仕事から…。杉山に入り、間伐材を林道まで担ぎ上げ、樹皮を剥ぐ。言葉では簡単だが、日ごろ力仕事に無縁な小生には如何ともしがたい。表皮だけ剥いでも駄目…。手取り足取り教えて貰いながら、見よう見まねでやってみた。

f:id:mori-sun:20180701085059j:plain

f:id:mori-sun:20180701090144j:plain

f:id:mori-sun:20180701093836j:plain

樹皮を剥いだ丸太を軽トラに…。

f:id:mori-sun:20180701100347j:plain

f:id:mori-sun:20180701103248j:plain

丸太にロープを掛け狭い登山道を担ぎ上げる…。

f:id:mori-sun:20180701104551j:plain

f:id:mori-sun:20180701105416j:plain

f:id:mori-sun:20180701105747j:plain

今回はこの橋を架け替える。↓ 

f:id:mori-sun:20180701110034j:plain

朽ちた橋を除け傍らに丸太を渡す…。

f:id:mori-sun:20180701110743j:plain

 

お田植え舞

かつて、昭和天皇が即位した折に行われた大嘗祭に献納されたお米の耕作地(主基斎田)として、脇山の地が選ばれてから今年は90年の節目の年。記念式典が行われると耳にして出てみた。

f:id:mori-sun:20180616091540j:plain

式典が済むと、会場近くの田んぼへ移動し地域総出の田植が行われる…。

f:id:mori-sun:20180616094858j:plain

f:id:mori-sun:20180616100159j:plain

f:id:mori-sun:20180616095758j:plain

f:id:mori-sun:20180616100542j:plain

f:id:mori-sun:20180616105948j:plain

f:id:mori-sun:20180616103022j:plain

f:id:mori-sun:20180616105205j:plain

サクララン開花

知らぬ間に桜蘭が咲いた。

f:id:mori-sun:20180612083436j:plain

その傍らで吾亦紅が蕾を膨らませている。季節が少しずれている、どこか妙な感じ。

f:id:mori-sun:20180612084039j:plain

モニ1000観察会

多少の雨でも植物観察会は出来る。とは言え、6月のモニ1000観察会は本降りの雨となった。今回、雨男の異名を持つH氏が欠席したと云うのに…。

「如何する?」等云いながら、傘さしてフィールドに出てみるが…。


f:id:mori-sun:20180611091420j:plain

f:id:mori-sun:20180611093948j:plain

f:id:mori-sun:20180611094456j:plain

f:id:mori-sun:20180611100758j:plain

f:id:mori-sun:20180611105555j:plain

f:id:mori-sun:20180611114207j:plain